群馬県立小児医療センター
 
-
院長あいさつ | 基本方針 | センターのあらまし | 寄附について| 病院情報の公開
お問い合わせ  院長あいさつ
                   
 本年4月1日付で病院長を拝命いたしました。平成18年4月に当センターに赴任して参りましたが、すでに、12年が経過いたしました。当センターの基本理念は「小児の専門病院として、未来ある子どもたちの生命(いのち)をまもり、すこやかな成長発達を支援します。」であり、これに基づいて多くの難病・重症患者を受け入れてきました。当センターは昭和57年開院以来、県内唯一の小児専門病院として小児三次医療を提供して参りました。平成17年に総合周産期母子医療センターが設置されてからは、周産期医療情報システムを駆使して、入院が必要な妊産婦や新生児の収容先を探す等の業務を実施し、県内の周産期医療の発展に大きく寄与してきました。同じく平成17年には小児集中治療室(PICU)も開設され、呼吸不全、心不全、腎不全等をきたした重症患者や大きな手術後の患者の厳密な全身管理が可能となりました。また、当院の特色として障害児歯科があり、障害を持つ子どもたちの歯科治療にも貢献してきました。
 近年、少子化と小児医療の発達に伴い、入院患者の疾病構造も、随分、変わってきました。最近では、小児三次病院にもこれらの影響が現れてきており、入院患者数の減少を実感しております。これまで以上に、病病連携、病診連携に力を注ぎたいと思っております。最後に、当院としては、これまで通り、群馬県の「小児医療・周産期医療の最後の砦」としての役割を果たしていきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い申しあげます。

平成30年5月15日
                              院 長   外 松   学
 外松院長写真

                           
▲ページの上に戻る
〒377-8577 群馬県渋川市北橘町下箱田779番地
TEL: 0279-52-3551(代表)、0279-52-4000 (予約)
FAX: 0279-52-2045(代表)、0279-52-7333 (地域医療連携)

Copyright (C) GUNMA CHILDREN’S MEDICAL CENTER All Rights Reserved.