群馬県立小児医療センター
 
診療科等紹介
-  放射線科
1.業務内容
 放射線科(診断部門)の主な仕事は、様々な装置を用いて病気を目に見える形に画像化し、その画像を分析して診断を行い、治療に役立つ情報を各診療科に提供することです。
 近年の画像診断機器(エコー、CT、MRI、PET、など)の進歩には目を見張るものがありますが、一方で、その性能を考慮せずに検査を行えば、検査がムダになるばかりか、検査に伴う有害事象を生じることにもなりかねません。そもそも検査を行う必要があるのか、症状や身体的所見から考えられる病気を効率よく診断できる検査が選択されているのか、選択された検査が正しい手順で行われているのか、などの判断は機器の性能をよく知る放射線科診断医の重要な役割であると考えています。特に、将来ある子供が不利益を被ることがないように、「検査の濫用」には敏感に抵抗し、「しなくてもすむ検査」は行わないように努めてきました。小児の画像診断に永年従事してきた経験から、「たくさん検査を行えば、より確実に診断ができる」というのは、多くの場合は「幻想」であると思っています。
 最近、米国内では「賢い選択!」をキャッチフレーズに「ムダな医療撲滅運動」が展開されています(http://www.choosingwisely.org/)。積み重ねられた事実を基に作られた、いわば、「医療水準」が一般公開され、水準からはずれる検査や治療を撲滅しようという運動です。本邦においても検討中であることが、放射線科専門医の会のシンポジウム(2016.4.17)で紹介されました。ここにきて、「ようやく」の感が致します。
2.スタッフ紹介
中央診療部長 畠山信逸
専門分野 小児画像診断
資格 放射線診断専門医
参加学会 日本医学放射線学会、日本小児放射線学会、
▲ページの上に戻る
〒377-8577 群馬県渋川市北橘町下箱田779番地
TEL: 0279-52-3551(代表)、0279-52-4000 (予約)
FAX: 0279-52-2045(代表)、0279-52-7333 (地域医療連携)

Copyright (C) GUNMA CHILDREN’S MEDICAL CENTER All Rights Reserved.