群馬県立小児医療センター
 
診療科等紹介
-  血液腫瘍科
1.血液腫瘍科の特色
 血液腫瘍疾患は集学的治療(化学療法、造血幹細胞移植、外科的治療、放射線治療等の様々な治療方法を上手に組み合わせる医療)を遂行することによって最大限の治療成果が得られる専門医療です。当センターでは、血液検査・画像検査・病理検査等が迅速に行える体制を整えており、できるだけ短期間で診断をつけ、集学的治療を開始することを目指しております。個々の症例については、小児内科医(血液腫瘍科)、各外科医師、放射線科医師、病理診断医、また、必要な時は院外から医師を招いてカンファランスを実施することにより高度な医療が提供できるように努力しております。また、国内(一部は海外)で実施されているほとんどの小児白血病、小児がんの多施設共同研究にも参加し、標準的治療のみではなくより高度な治療の開発にも参加しております。
 また、難治性の血液疾患である再生不良性貧血、血球貪食症候群、特発性血小板減少性紫斑病、血友病、免疫不全症等の治療も実施しております。
▲ページの上に戻る
2.スタッフ紹介
副院長 外松 学
資格 日本小児科学会専門医、日本血液・がん学会専門医・指導医
参加学会 日本小児科学会、日本小児血液・がん学会(評議員)、日本臨床血液学会、日本血液学会、日本造血細胞移植学会
第三内科部長 朴 明子
資格 日本小児科学会専門医、日本血液学会指導医
日本小児血液・がん学会指導医(評議員)
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
臨床心理士
参加学会 日本小児科学会、日本小児血液・がん学会、日本血液学会、日本緩和医療学会、日本臨床倫理学会、日本サイトオンコロジー学会
部長 大久保 淳
資格 日本小児科学会専門医
参加学会 日本小児科学会、日本小児血液・がん学会、日本血液学会
医長 川島 淳
資格 日本小児科学会専門医
参加学会 日本小児科学会、日本小児血液・がん学会、日本血液学会、日本造血細胞移植学会
▲ページの上に戻る
3.主な対象疾患
血液疾患:特発性血小板減少性紫斑病、血友病、血球貪食症候群、ランゲルハンス細胞組織球症など

腫瘍性疾患:白血病、悪性リンパ腫、神経芽腫、ウィルムス腫瘍、肝芽腫、横紋筋肉腫、ユーイング肉腫、胚細胞腫瘍など
4.主な治療
多剤併用化学療法、造血幹細胞移植など
5.その他
Tumor Boardについて
小児がんの集学的治療に対する取り組みとして、小児内科医(血液腫瘍科)と小児外科医・放射線科診断医・放射線科治療医・病理診断医とが同じ土俵で力を出し合い患者の治療に全力を尽くためのTumor Board は現代の小児がん治療の基本です。医師のみならず看護婦などのスタッフも招集して開催しています。
6.実施している先進医療
 先進医療の名称  急性リンパ性白血病細胞の免疫遺伝子再構成を利用した定量的PCR法による骨髄微小残存病変(MRD)量の測定
 適 応 症
(1)小児および成人の急性リンパ性白血病(ALL)
(2)小児および成人の非ホジキンリンパ腫(NHL)で、初発時に骨髄浸潤を認めるリンパ芽球性リンパ腫とバーキットリンパ腫
 内 容
○検査の目的
 この検査の目的は血液がんのひとつである「リンパ性白血病またはリンパ腫」にかかられた患者さんの治療を開始する前に、患者さんの体の中に存在する「リンパ性白血病またはリンパ腫」という血液がん細胞の目印(これを専門用語で腫瘍のクロナリティーと呼びます)をあらかじめ探しておいて、治療の途中や終了後に血液がん細胞の目印の鋳型(これを専門用語でプライマーと呼びます)を利用して、体内にどのくらい血液がん細胞が残っているかを測定することです。

○検査の概要
 治療後に体内に残存するがん細胞の量を専門用語では微小残存病変(MRD)と呼びますが、この残っているがん細胞の量を正確に測定することができれば、最初に計画した治療方針の選択にとても役立ちます。
 この検査で最初に行われることは、血液がん細胞の目印(クロナリティー)を探すことです。この検査は患者さんの診断を決定するために治療開始前に行われる骨髄検査やリンパ節の生検(患部の一部を切り取って調べる検査)などの際に得られた骨髄血の一部(約1ml)やリンパ節などを利用して行います。血液にがん細胞が多く出現していれば血液(約5ml)を使用することもあります。
 当院で採取された血液等の検査を実施する「愛知医科大学病院」は、世界標準レベルでのMRD測定技術による解析が可能です。
 検査結果により、最良の治療選択をすることが出来ます。

○先進医療における費用(患者様ご負担額)
  94,000円  ※診察・他検査・投薬・入院料等は別途費用がかかります。
○詳 細

 (先進性)
  モノクローナルな白血病性リンパ芽球の免疫関連遺伝子(Ig・TcR)再構成パターンを分子マーカーとして骨髄中の白血病細胞の初期治療への総合的な反応性をモニタリングすることで治療の個別化を可能とします。

 (概 要)
 1990年代にドイツを中心とした小児がん研究グループ(BFMグループ)で開始された微少残存病変 (Minimal Residual Disease, MRD) 測定は、骨髄に残存するモノクローナルな白血病性リンパ芽球の免疫関連遺伝子(Ig・TcR)再構成パターンを分子マーカーとして、個々の患者白血病細胞の初期治療への総合的な反応性をモニタリングできるため、従来の予後因子や最近の分子遺伝学的因子に較べても、より患者特異的な個別適正治療への道を切り開く手段として期待される画期的な新技術です。近年、欧州では多施設共同研究で用いる定量的なRQ-PCR技術によるMRD測定法とその解釈を標準化するためにESG-MRD-ALLが設立され、欧州の主要研究グループでは、それに基づいたMRD層別化治療研究が実施されています。当院の検査委託先である「愛知医科大学」においては、国内では唯一、定量的なRQ-PCR測定法の技術導入がなされており、2010年1月にESG-MRD-ALLへの正式施設参加が認められています。
※先進医療における費用については全額患者様負担となります。治療に必要な費用のうち、先進医療の部分は自費負担となりますが、通常の診療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院料等)には保険が適用されるので、治療を受ける方の負担が極力少なくなるよう配慮されています。
7.お役立ちリンク
 ・(財)がんの子供を守る会
 ・日本小児血液学会
 ・日本小児がん学会
 ・日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)
 ・小児がんの治療と研究の進歩を目的とするグループ(TCCSG)
 ・日本骨髄バンク
▲ページの上に戻る
〒377-8577 群馬県渋川市北橘町下箱田779番地
TEL: 0279-52-3551(代表)、0279-52-4000 (予約)
FAX: 0279-52-2045(代表)、0279-52-7333 (地域医療連携)

Copyright (C) GUNMA CHILDREN’S MEDICAL CENTER All Rights Reserved.