群馬県立小児医療センター
 
診療科等紹介
-  産科
1.受診される方へ
 平成17年5月9日より産科がオープンし、既存の新生児科とともに総合周産期母子医療センターとしてスタートしました。
 産科病棟には個室12床を含む計18床の病室と陣痛ベッド2台、分娩ベッド2台があります。個室は各部屋にトイレ、シャワー、電話を設置するなど、長期の安静が必要な患者さんのためにプライバシーとアメニティに配慮した作りになっています。スタッフは常勤医師4名、助産師20名、看護師3名であり、ベッド数があまり多くない分ひとりひとりの患者さんに密度の濃い医療を提供出来るよう努力しております。
 当センターは、原則として紹介患者さんを診療する事になっているため、入院患者さんは切迫早産や妊娠高血圧症候群、胎児発育不全などにより母体搬送されて来る症例が多く、外来患者さんは多胎妊娠や、出生前診断された胎児異常症例が多くを占めています。ただし、近隣の正常な妊産婦さんもお引き受けしております。
▲ページの上に戻る
2.スタッフ紹介
総合周産期母子医療センターセンター長 高木  剛(産科部長)
資格 日本産科婦人科学会専門医
参加学会 日本産科婦人科学会、日本周産期・新生児医学会、
日本糖尿病学会、日本糖尿病・妊娠学会、日本遺伝カウンセリング学会、日本生殖医学会
部長 京谷 琢冶
資格 日本産科婦人科学会専門医
日本周産期・新生児医学会、新生児蘇生インストラクター
参加学会 日本産科婦人科学会、日本超音波医学会、日本周産期・新生児医学会、日本胎児心臓病学会、日本母体胎児医学会
医長 木暮 さやか
資格 産婦人科専門医、ACLSプロバイダー、JATECプロバイダー、ALSO
参加学会 日本産科婦人科学会、日本周産期新生児医学会
医長 佐藤 達也
資格 産婦人科専門医
参加学会 日本産科婦人科学会、日本周産期新生児医学会
▲ページの上に戻る
3.対象疾患
 切迫早産や妊娠高血圧症候群、胎児発育不全、多胎妊娠、出生前診断による胎児異常症例など。
 ただし、当センターは小児病院であり、大人を診るための内科が併設されていないため、母体に糖尿病や膠原病などの合併症があり、その治療も必要な場合はお引き受けできません。
4.主な検査と治療
 胎児の検査は超音波検査が中心となります。一般的な二次元画像に加え、精密なカラードップラー法、三次元・四次元画像などを使用して胎児異常の診断や胎児胎盤機能の評価を行っています。
 また、低出生体重児や胎児異常症例の分娩が多いため、分娩前から診断・管理に関して他科との連携が重要であり、新生児科とは週2回、カンファレンスで情報交換を行っています。加えて、出生前診断された外科的疾患や先天性心疾患などについては、小児外科や循環器科の医師・看護師も交え、基本的に週1回のカンファレンスを行い、胎児から新生児へ一貫した診療が出来るよう心掛けています。

◎分娩第3期の積極的管理による分娩時出血量減少の検討についての対象症例登録に関するお知らせ

◎出生前診断を考えている患者様へ

5.その他
 現在、日本の周産期医療は危機的な状況に直面しております。周産期に従事する産科医・小児科医が減少し分娩取り扱い施設が次々と閉鎖を余儀なくされています。一方では、不妊治療による多胎妊娠の増加や低出生体重児の増加等によりハイリスク妊娠は増加しています。こうした中で県内の産婦人科の先生方や患者さんより当総合周産期母子医療センターへ寄せられる要望、期待は大きなものがあると思います。こうした期待を裏切ることなく、そして、母と子、さらにその家族にもやさしい、きめの細かい周産期診療を目指して努力していきたいと思います。
▲ページの上に戻る
〒377-8577 群馬県渋川市北橘町下箱田779番地
TEL: 0279-52-3551(代表)、0279-52-4000 (予約)
FAX: 0279-52-2045(代表)、0279-52-7333 (地域医療連携)

Copyright (C) GUNMA CHILDREN’S MEDICAL CENTER All Rights Reserved.